防火対象物点検

防火対象物点検報告・防災管理点検報告

平成13年9月に発生した新宿区歌舞伎町ビル火災を受け、消防法が大幅に改正されました。
防火管理の徹底を図るため、防火対象物定期点検報告という制度が導入されました。

一定の防火対象物の管理について権限を有する者は、「防火対象物点検資格者」に
防火管理上必要な業務などについて点検を依頼し、その結果を消防庁または消防署長に
報告することがあらたに義務づけられました。
点検を行った防火対象物が基準に適合している場合は、点検済の表示を付することができます。
この制度と消防用設備点検報告制度は異なる制度であり、この制度の対象となる防火対象物は
両方の点検及び報告が必要となる場合があります。

点検報告を必要とする防火対象物とは?
特定防火対象物で、下記のいずれかに該当する建物が点検報告が必要となります。